カテゴリ説明「“親”なるもの」

親になる事がわかった日から、娘が生まれて社会的にいわゆる“親”となった日、そしてそれからの子育ての日々と、
定期的に考えているのが、親とはなんぞや、という事です。
そして(もちろん)まだ答えは出ていません。

子が生まれたからといっても、自身の頭の中では、自動的に親になれた気はせず、例えば私自身の親の事や、世間で接する他の“親”の方々と自分とが、同じ親というカテゴリに属しているとは思いにくいです。

このカテゴリでは、そんな親とは何かというモヤモヤした考えを解きほぐすような事をメモ代わりに書いていきたいなと思います。

この記事へのコメント